一番良い整形は埋没法?

一番良い整形は埋没法なの?メリットとデメリットは?

魅力的な二重まぶたを手に入れるためにも、
普段からアイプチやメザイクなどを使って二重まぶたを自分で作っているという方は少なくありません。
のりタイプやシールタイプを利用する場合が大半ですが、水に濡れて二重が一重に戻ってしまったり、
目元に小じわが出来てしまうなど繰り返しセルフケアで二重まぶたを作るのは面倒…

皮膚にも負担をかけてしまうことから、最近では美容整形などで注目されている
埋没法を利用したプチ整形が一番良いと人気になってきています。

なぜ埋没法が一番良い整形と言われるの?

一般的な美容整形と言うと本格的に手術を行うので入院が必要であったり、
施術後に肌が腫れたりなどデメリットが大きいのではと不安に感じる女性も多いです.

他にも、急激な変化で周りにバレてしまわないか、痛みはあるのか、失敗したらどうしよう…など様々な不安がつきものです。

一番整形で良いと言われる埋没法のメリット

埋没法はメスを使わずに短時間で二重まぶたにすることができるメリットがあり、
医薬用の特殊な糸を肌に埋没させることで自分の希望する綺麗なラインの二重まぶたに仕上げることが出来ます。
何より施術後に基本的に抜糸をする必要がないので肌にトラブルが起こらない限りは、
再度病院にいく必要が無いので気軽に受けることが出来る点も初心者でも安心と言われています。

ダウンタイムの時期が切開法よりも短く、手軽さ安さなどから見ると、若い方向けに特に人気があるように思います。

また、切開法はメスを入れるので、失敗しても修正が難しいといわれる反面、埋没法は糸でつなぎとめてるだけなので、失敗しても再施術ができます。年齢を重ねていくと、まぶたの皮膚がたるみますので、自然と二重の位置も変わってきます。

そのたびに再施術ができる埋没法でもあります。

埋没法や二重整形はデメリットがないわけではない

埋没法は美容整形の中では比較的簡単な施術といわれていますので、
失敗が起こりにくい特徴がありますが絶対にデメリットが無いというわけではありません。

一般的な埋没法は3~5年で50%以上の確率で二重の綺麗な状態から一重の状態に戻ってしまう事が多く、
多くの場合は綺麗なラインを維持する為に再度同じ施術を受ける必要があるといわれていますし、
施術後に数年二重のラインが維持されても、年数を重ねる毎に徐々に糸で固定したラインが重力で下がってきて、二重の幅が徐々に狭くなる恐れがありますので定期的にチェックを行うことが必要となります。


関連記事


最新二重グッズランキング


おすすめ記事