アイプチを続けて二重まぶたにするには

二重まぶたにするにはアイプチをどのくらいすればいいの?

憧れの二重まぶたになれる方法はいくつか種類があります。
その中でも「アイプチをしていれば二重になる」という実体験の口コミがあります。

毎日アイプチをしていれば本当に二重になれるのか?

毎日ずっとアイプチをしていたら二重になった人もいるし、
全く二重になることはなかった、という人もいます。

私はどちらかというと「まったく二重にならなかったタイプ」でした。
アイプチやメザイクを使い、メイクをするもクセがつくということはありませんでした。
唯一、花粉症でくしゃみがすごくて目もかゆくて仕方がなかったときだけ片方が二重になりました。(笑)
「自然に二重になった!」と思った、そのシーズンだけの二重でした。

毎日アイプチをして二重になれる確率とは?

そもそもなぜ一重なのかというと、脂肪が多く、皮膚も分厚いため。
二重は目を開けたときまぶたの皮膚に折り目がキレイについて二重になりますが、一重はそうはなりません。

毎日アイプチやメザイクをして二重になれる一重の人の特徴として、
まぶたの皮膚が薄く、しっかり目が開くような目力のある人で、約5人に1人の確率で
継続的にアイプチなどをすると自然な二重になれることがあります。

しかし、自分が希望するきれいな二重のラインになれるとも限らず、左右非対称になる確率も高め。

アイプチでまぶたがかぶれたり皮膚が伸びるって本当?

アイプチやメザイクを続けることによって、まぶたへのダメージにも影響してきます。
皮膚に合わなければなおさらアレルギー症状のようなものもでてしまう可能性もあり、
やればやるほどまぶたの皮膚が腫れて分厚くなったりすることも…

 

たまにアイプチのしすぎでまぶたがアレルギー反応のようなかぶれを起こしている友達が
いたような…そんな記憶がありますが、そういった症状も結構多いんだとか。
まぶた自体が皮膚が固くなってしまうこともありますので、くれぐれも無理をしないようにしたいですね。

アイプチで二重を目指したい人へ注意点

アイプチのやりすぎで皮膚が伸びたり分厚くなってしまったり、かぶれてしまうこともあります。
たしかに継続的に続ければ、もしかしたら二重になれる可能性もあります。
ただ、決して無理はしすぎないことです。

 

また、アイプチをはがすときは無理やりはがしたりしていませんか?
無理にはがそうとすると皮膚が引っ張られます。
粘着力が強いとまぶたの皮膚にダメージを与えてしまうことも十分に考えられます。
とくにメイクをした状態でアイプチをはがしたりこすったりするのはおすすめできません。

 

きちんとメイクオフしてアイプチもやさしく丁寧にオフするようにしましょう。


関連記事


最新二重グッズランキング


おすすめ記事