二重整形で一番痛くない麻酔

二重整形で一番痛くない麻酔ってなに?

二重整形をしたいけど、痛いのが怖い!という方も多いのでは?

できれば痛みなんてないほうがいいし、
安心して手術を受けたいものですよね。

二重整形の手術の際は、麻酔をかけて行います。
(麻酔が切れたときはやっぱり痛みがでてくる可能性も…)

二重整形のときの麻酔の種類

例えば、品川整形クリニックの場合は以下の麻酔の種類より選べます。

硬膜外麻酔…

無痛分娩などによく用いられる麻酔。
意識はそのままで、少し休んで帰宅することが可能。硬膜外の空間に麻酔薬を注入。
※別途料金

局所麻酔…

範囲が少ない手術の際に用いられます。注射で麻酔薬を注入。
意識はそのままです。

点滴による鎮静剤…

鎮静剤が入っている点滴で、少し眠くなる程度で手術を受けます。

静脈麻酔…

点滴による麻酔で眠っている状態で手術を受けます。
※別途料金

表面麻酔…

麻酔成分の入ったクリームを塗り、皮膚の表面に麻酔が効いた状態で手術を受けます。
※別途料金

リラックス麻酔…

笑気ガスを鼻から吸い、痛みを和らげてくれる効果があります。
※別途料金

ペンレスシート…

貼るタイプの麻酔。持続時間が長く、効果も強いです。
※別途料金

腫れや赤みが残らないようにするための麻酔

麻酔の種類によって、当日の痛み、術後の回復や、
腫れや赤みにも影響してくるので、「手術が怖くて手術中に力んでしまいそう」という
不安がある方は、眠った状態になる麻酔のほうがいいかもしれません。

私も二重整形をしたときは、静脈麻酔で完全に寝ている状態でしたので、
寝て起きたら終わってた!という流れでした。
なので、手術がどれくらいで終わったかなどは全く記憶にないです。

埋没法でしたが、術後は腫れや赤みが多少出ましたが、数日もたってくると
腫れや赤みは収まり、1週間前後でほとんど馴染んできたと思います。


関連記事


最新二重グッズランキング


おすすめ記事