二重整形手術のダウンタイム

二重整形手術のダウンタイムってなに?

二重整形手術でよく見かけるダウンタイムとは、施術を受けてから、施術前の日常生活に戻るまでの期間のことをいいます。

ダウンタイムのことを知っておかないと、施術後の予定やスケジュールに影響してしまうこともあるため、ぜひチェックしてほしいポイントがいくつかあります。

ダウンタイムについて

ダウンタイムの有無、期間は施術内容やクリニック、体調など個人差によって異なる腫れや赤み、炎症などによってはメイクができない期間もある。医師の説明をきちんと受け、術後は余裕を持ったスケジュールを立てる。

ダウンタイムの症状とは?

◆赤み◆
まぶたや目の周りが赤みが出る場合があります。
まばらに赤みが出たり、全体的に出たり、個人差があり、出ない人もいます。

◆内出血◆
赤みの症状と似ている場合がありますが、アザのような症状が出る方もいます。
広がり方や色は個人差があり、赤みから黄色っぽくなり、次第に消えます。

◆腫れ◆
腫れ方も個人差があり、多少の腫れから腫れているとわかるくらいの症状の方もいます。

二重整形後のスケジュール立てについて

施術内容にも大きく変わるダウンタイムは、施術前に医師ときちんと相談し、ダウンタイムの期間を事前に確認しておきましょう。

腫れなどで仕事がしにくかったり、学校に行きづらいなどの問題が起きる可能性があります。

できれば長期の休みの際に二重整形をすることをおすすめします。
結婚式を控えていたり、なにかイベントごとの前に整形をする予定でしたら、前もって2か月前に施術が完了しているようにしましょう。

個人差はあっても、ダウンタイムの期間は余裕を持つこと

ダウンタイムは、人によってはなかったり、1か月近くダウンタイムが長引いたりすることもあり個人差の影響は出てしまいます。その日の体調などでも変化しやすいため、できるだけ二重整形をする前にはきちんと体調を整えておきましょう。

また、目をこするなどの場合はできるだけ目をこすらず、優しく拭き取ったり負担のかからないようにしましょう。とくに花粉の時期は注意が必要です。

二重整形をした後は、目の表面積がパッチリになるため一重のときよりも広くなります。
そのため、乾燥しやすい状態になることがありますので、目薬やまばたきの回数を多くするように気をつけるようにしましょう。



最新二重グッズランキング


おすすめ記事